予防歯科|生駒市の歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科|PMTC

0743-73-8469 後藤歯科クリニック

予防歯科

ホーム»  予防歯科

なぜ定期健診が必要なの?~痛くならないための治療とは~

しっかりと歯を磨いているのに・・・
とくに悪いところはないのに・・・

  • 自分だけのブラッシングのみでは落とせないプラークがあります
    例えば、歯と歯の間や奥歯の後ろ側などは自己流のブラッシングではなかなか落とせません。また歯周ポケットの中は歯科医院でないと落としにくい部位です。
  • プラークは細菌の塊(バイオフィルム)を形成し歯周病を発症させます
    磨き残しから作られるバイオフィルムや歯石は歯ブラシでは落とせません。ことにバイオフィルムは細菌の集団で歯周病の元となるので歯科医院で除去してもらうことが必要です。
  • 口の中はつねに変化し自覚症状もないまま悪化します
    口の中はちょっとの油断で状態が悪化します。歯肉の炎症や初期のむし歯では自覚症状がなく症状が現れたときには手遅れになります。自分では気がつかないうちに変化してくのが口の中の病気です。

自分では除去できないプラークが必ず存在しています!
口の中は生活習慣病などで常に変化しています!

だから
歯科医院での定期検診が必要なのです。

当院の定期検診システム

定期検診システム治療した歯をいつまでも健康に美しく維持していただくため当院では、定期検診をシステム化し積極的に行っています。

患者様により定期検診の間隔は違いますが、年に2~3回、以下の項目に基づいて行っています。
検診には、一人一人の患者様に対しお口の状態がわかる”歯周診断書”をその場で作成しお渡ししています。
また、肉眼ではわかりにくい初期のむし歯については、専用の歯科用ルーペを用いてチェックを行っています。

はじめに 今の状態を確認し不十分なところを補いあなたにあったケアの仕方を指導します。
検診内容 むし歯チェック
歯周ポケットの測定、ブラッシングの再確認
かみ合わせのチェック、生活習慣病指導
PMTC(専用の器械による歯のクリーニング)
対象

以下の項目が1つでもあてはまる方はむし歯や歯周病になるリスクが高いです。

  • ブラッシングで出血する
  • 歯にすき間が開いてきた
  • 物がはさまるようになってきた
  • 口臭が気になる
  • 冷たい物がしみるようになった
  • 歯が動くようになった
  • 歯が伸びたように感じる
  • 最近1本歯を失った
  • 口の中の渇きが気になる
  • 妊娠している

口の中が健康な状態のうちに必ず定期検診を受けて下さい。

PMTCは自分ではできない

PMTC歯や歯の周りには、バイオフィルムと呼ばれる細菌が作った膜ができます。バイオフィルムはうがいや通常のブラッシングではなかなか取り除けません。PMTCにより専用の器械を使って取り除くのが最も効果的な方法です。

また歯ブラシの届かないところに汚れがたまりやすくなりますのでPMTCはそのようなところの汚れもきれいに落とします。

バイオフィルムとは

バイオフィルムむし歯や歯周病は細菌感染によって起こります。歯の表面や歯周ポケット内部のプラークが成熟して形成される細菌が作った膜、バイオフィルムが主な原因です。

バイオフィルムは、細菌がフィルム状にのバリヤーに覆われているため生体の防御メカニズムで細菌が排除されないだけでなく、抗生剤や殺菌剤などの化学療法も効果的ではありません。PMTCはこのバイオフィルムで除去できる効果的な方法です。

PMTCの手順

  • PMTCの手順1.ブラッシング状態 歯と歯肉のチェック
    ブラッシングができていないところや磨きにくいところをはっきりさせます。
    必要に応じて、ブラッシングの指導なども行います。またPMTC前に、歯や歯肉にどのような問題があるかチェックし、歯石があれば取り除きます。
  • 2.研磨ペーストの注入
    歯と歯の表面、歯と歯の間、歯のつけねの部分にクリーニングペーストを塗ります。
  • 3.清掃・研磨
    ブラシで表裏の汚れを落とします。
    やわらかいシリコンラバーのカップで歯の表裏、歯ぐきの間を研磨します。

よくある質問

どのような効果がありますか?
プラークを除去し、しつこいバイオフィルムも破壊・除去しますので歯本来の白さを取り戻すだけでなくむし歯・歯周病の予防に効果があります。
痛みはありますか?
歯のクリーニング用の柔らかいゴムのカップや特殊なブラシを使っての歯面清掃なので、痛みも不快感もほとんどありません。むしろ爽快感を得られる方もいらっしゃいます。
1回で済みますか?
個人差があります。1回で済む場合も、また2、3回の場合もあります。1回にかかる時間は約30分です。
定期的に行うのでしょうか?
毎日のブラッシングと定期的なPMTCで、より健康な歯が維持できます。PMTCの間隔は歯や歯ぐきの強さ、細菌の状態、歯の汚れ具合などにより異なりますが、3~6ヶ月の間隔で行います。
詰め物やかぶせ物、入れ歯やインプラントをしていても大丈夫ですか?
大丈夫です。補綴・修復物がある場合は、種類や素材の特性などを十分に考慮して、器材、研磨剤を選択し金属面などを傷つけないよう十分注意して行います。また、入れ歯やインプラントをしている場合は特にむし歯や歯周病のなりやすいので、PMTCがより効果的といえ、インプラントの長期安定にもつながります。
白い歯になりますか?
歯面の汚れを取り除き、ヤニや茶シブも落とし、光沢のある本来の歯面に回復することができますが、ホワイトニングと違い自分本来の白さ以上になることはありません。
年齢に制限はありますか?
お口を開けていられるお子さんからお年寄りまで年齢に制限はありません。
PMTCを行うのはだれですか?
主に歯科衛生士が行いますが歯科医師が行うこともあります。
むし歯や歯周病の治療になりますか?
PMTCは予防処置であり、治療ではありません。毎日のブラッシングと定期的なPMTCにより、むし歯や歯周病の予防になります。
費用はどのくらいですか?
当院では保険治療にて扱っています。
初診時 2,400円程度
再診時 1,500円程度です
詳しくはお気軽にご相談下さい。