安心への取り組み|生駒市の歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科|インフォームドコンセント

0743-73-8469 後藤歯科クリニック

安心への取り組み

ホーム»  安心への取り組み

診療環境対策

当院は歯科診療の環境整備について、厚生労働省が制定する施設基準に適合し、
2018年4月より「歯科外来診療環境体制施設」として認定されております。

  • ① 清潔な歯科医療環境を提供するための装置を設置しています。

目に見えない細かな粉塵が、空気中に飛び散るのを防ぐ歯科用吸引装置

  • ② 緊急時に対応できるようAEDを備え、医療機関と緊密に連携しています。

  • ③ 医療機器の洗浄・滅菌を徹底するなど院内感染防止策を講じています。

滅菌対策

院内感染防止を徹底するため、治療に使用する器具はオートクレーブと呼ばれる高圧蒸気滅菌器で滅菌処理を行い、オートクレーブで滅菌できないものについては薬液による滅菌消毒を行っています。そして、滅菌した器具は個別にパッキングを行い保管し、治療の際に開封し安全性を保っています。

滅菌対策 滅菌対策

また、歯を削る際に用いるドリルの柄の部分の衛生面については、さらに特別な装置を2つ用いております。
実際、上記のオートクレーブのみでは滅菌工程に約50分かかり、多くの数を必要とするドリルを、次の患者様に間に合わせることは大変困難です。
しかし、当院では小型のスピード滅菌器(EXクレーブII)を導入することにより15分程度で全ての滅菌工程を行える体制を整えております。
その為、患者様毎に交換するドリルを短時間で滅菌することが可能となります。
また、ドリルの滅菌処理前の洗浄も、とても大切な作業となります。
洗浄が充分行われていないと滅菌自体が不十分なものとなってしまうからです。
当院の歯科用ハンドピースメインテナンス装置(iCare)は、ドリルの内部の汚れや感染物質を徹底清掃する機能をもち、高い注油、洗浄効果を発揮します。
これら2つの装置により、当院におけるドリルの衛生面についても、安心して受診頂けるものとなっております。

滅菌対策 滅菌対策

無痛治療

電動局所麻酔機「歯医者の治療は痛い」と思われている方は多いと思います。当院では痛みを最小限にするために電動局所麻酔機を使用し、痛みの少ない治療を行っています。
人間の手で行う麻酔注射は加圧にムラが生じて、痛みを感じる原因になります。痛みを抑えるためにゆっくりと一定の速度で注入出来る「自動麻酔器」を導入しています。

インフォームドコンセント

インフォームドコンセント現在のお口の状態や治療計画がわからないまま治療を受けるのは不安なことと思います。当院では、診察の際口腔内カメラを使用し患者様にお口の詳細な映像をご覧頂きながら説明を行っています。

そして患者様と一緒に最善の治療計画を立案し、治療して参ります。